2011年7月アーカイブ

山口市 製造販売会社 20代 製作主任

契約を考えたのは、製造は前社長が行っており一作業員という立場だったので、商品の品質、営業方法も分からず収入に対する不安でいっぱいの時期。

しかし、契約に対してはなかなか覚悟が決まらなかった。"仕事内容"、"販売商品"にたいして口出しされるのではないか?など習慣を変えさせられることが怖かった。 迷いはあったが、共に経営している家族で話し合い導入を決めた。

契約後、仕事が面白くなった
少しずつだが、お客様のことを知って楽しくなった。今まで人が苦手だったが、アピールすれば見ていただけ、来ていただける。
失敗を恐れていたが、繰り返さなければ良いだけだと分かった。

知りたいこと分からないことが、教えてもらえ勉強になる。日報は、疲れているときなど面倒な時もあるが、気づきなどにアドバイスがもらえ心強い。

防府市 36才 J・M 法人向け営業

自分は、二代目で家業とは違う営業をしていて、家業を継ぐために山口戻ってきましたが物を売る営業の仕方が分からず、又教えてくれる人もいなく闇雲に営業をしていたが、ビジフォームと一緒に仕掛けや仕組みを作り、更に目標を具体的に決めれたのが良かった。

日々、時間を大切にするようにもなった。

山口市 製造販売会社 50代 社長

職人であり製造を行ってきた前社長が突然倒れ、技術的に未熟な自分達だけではやっていけないと転職まで考えていた。家族経営で煮詰まっていたこともあり、外部からの刺激が必要だと考えビジフォームと契約した。

長年の習慣と固定観念に縛られ、行動できていなかったことの多さに契約直後気づいた。
また、私達の仕事は必要とされていないと思っていたが、実は自分の中の情熱がスッカリ冷めてしまって、熱意を持って仕事をすればお客様に喜んでもらえると分かった。

意欲も出て前向きになれ、大きな不安が小さくなった。もっと自信が持てるようがんばりたいと思う 。

このアーカイブについて

このページには、2011年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2011年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • images
株式会社日報ステーション コピーライト