第21回限界突破セミナー 数字で限界突破 (1月17日終了致しました。)

21andou.png

数字で限界突破!

 

タイトルがわかりにくくてすみません。数字というと難しい会計知識を

イメージすると思いますが、

 

多くの経営者が目指す

“事業発展”。

実は倒産の原因も同じです。


運良く気づいた経営者は成功し、
気づけなかった経営者は事
業発展が難しくなり
最悪は倒産します。

 

こんなことをお伝えすると

難しい会計知識をイメージされると思いますが、

ここで必要なのは!
簿記も仕訳もないとても分かりやすい『会計実学』!

簡単だからこそ経営者にはぜひとも知っておいていただきたい内容です

 

講師プロフィール
安藤 惠哉 事業継続コンサルタント。税理士。

継続発展のための実践会計学【会計実学】を駆使したコンサルティングでは、毎年1,500万円の赤字を計上してきた企業をたった1年で優良企業化。
また脱サラで起業したばかりの会社では3年で2000万円の蓄財を実現し、企業の存亡に関わる場面では経営者ですら気づかなかった撤退のタイミングを正確に図ることで倒産の危機を免れた企業も複数。
バブル経済の盛衰を経験し「なぜあの企業は生き残れたのか」を徹底研究した結果「学べない会計学」の存在に気づく。その集大成【会計実学】を用いたコンサルティングでは倒産企業ゼロを誇る。

著作には「世界一わかりやすい会計の本」(イースト・プレス刊)他がある

会計を武器として戦う企業を増やすことで、日本から倒産をなくすことを使

■ 1部 19:00~19:30 講師 中司 祉岐
  ”日報で数字を見直し、成果を変える
 
■ 2部 19:40~21:10 講師 安藤惠哉氏

  ”会計は武器である!日報と会計実学で可能となる

                「可処分所得倍増計画」!”
現代の日本では、起業して10年後に存続している割合が7%程度だといわれているとおり、実に9割以上の企業が10年以内に倒産してしまいます。この倒産の原因を研究したところ、事業発展の要因と同じであることがわかりました。運良く気づいた経営者は成功し、気づけなかった経営者は事業発展が難しくなり、最悪は倒産してしまうものだったのです。
学びたいと思っても、これまでは誰も教えてくれる人がいませんでした。経営者たちが経験の中でしかえられなかったものだったのです。それを体系化して『会計実学』と名付けました。そこには簿記もなければ仕分けもありません。これまでの会計学とは一線を画す、数字に振りまわられない会計学『会計実学』。日報とのコラボレートで無理なく可処分所得を倍増させましょう


■ 3部 21:10~21:2521chirashi.png
   質疑応答

■ 日時 1月17日(木)

■ 定員40名

■ 参加費 6000円 

  お二人での参加、ビジフォーム会員 お一人様 5000円
  【事前お振込みです。お申し込み後お振込先を連絡いたします。
】  

セミナー終了後 講師を交えての懇親会を行います。          懇親会参加費 5000円
(参加希望の方は、セミナー参加費と合わせてお支払いください。)

 ■ 場所 山口グランドホテル 住所 山口市小郡黄金町1-1


 

セミナーお申込み・お問い合わせ

 

申込みボタン.jpg

メール  seminar@visiform.jp

メールでのお申し込みの際には、
お名前、
会社名、住所、電話番号                                                                                                                                                                                                            
                     

                                 kawamoto.pngのサムネイル画像                                                        

司会 川本 佳奈さん
                         

                                            

 

FAXでのお申込み 083-921-7656

こちらの用紙にご記入の上をお送りください。

 

 

お問い合わせは

株式会社ビジフォーム 担当 石野                               

電話番号 083-921-7655

       seminar22.pdf           

株式会社日報ステーション コピーライト