2013年4月アーカイブ

SGK14写真_中山マコト.JPG

「キャッチコピー」で限界突破!

 

「売れない」が「売れる」に変わる、

お客さまのつかみ方!

 

 

企業にも、会社にも商品にも、そして人にも...

『命運を握る言葉』

があります!


その一言で、市場を作り、顧客をつくり、売り上げを、利益を、そして強固なイメージを作り出し、そして過去からのイメージすらも変えてしまう言葉があります。 そう・・・
言葉が命運を握るんです。
コトバが無ければどんな高邁な思想も、最高のスペックも、すぐれた能力も・・・ 決して伝わることはありません。

 

その、「命運を握る言葉」を発見するのが、中山マコトの役割であり「使命」。 中山マコトの存在意義です。

思えば、沢山の言葉を見つけて来ました。(感慨)
言葉は、ターゲットを絞れば絞るほど効果を発揮します。 威力を発揮します。

誰の気持ちを動かしたいのか? そこが明快であればあるほど、威力を発揮するんです。(中山マコト氏 公式ホームページより)

 

講師プロフィール
中山 マコト(なかやま まこと) 売れる言葉のマエストロ

運命を変えるキャッチフレーズがある。

その信念で、「言葉力」を磨き続け、『「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本』を、このジャンルではあり得ない4万部のヒット作に。言葉のマエストロとして、「狙って売るコピー」の開発・実践を行う。「売れるヒントは人から訊き出せ!」を人生訓に、独自のインタビュー術を駆使し、お客の心を動かす企画を考案し、大きな実績を上げ続けている。市場調査会社に入社後、マーケティング、販売促進、広告制作に携わり、小売業、飲食業、サービス業などの売上強化の手腕を発揮する。コンビニエンスストア・チェーンでの「お客を立ち止まらせるPOP」、量販店での「お客を呼ぶ売り場づくり」などにおいて、通常の2倍、3倍の売上アップを連発!

著書に『「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本』(中経出版)、『「バカウケ」キャッチフレーズで、仕事が10倍うまくいく』(学習研究社)、『「バカ売れ」POPが面白いほど書ける本』など多数。

■ 1部 19:00~20:20 講師 中山 マコト氏
 自分のビジネス・商品の売りを、相手の立場から一言でまとめる技術23seminar.jpg"
 
■ 質疑応答 20:20~20:30 

  

■ 休憩 20:30~20:40

■ 2部 20:40~21:10 特別対談<中司 祉岐×中山マコト>

日報ステーション代表 中司祉岐が中山マコト氏に迫ります!!

■懇親会 21:30~23:30 参加費:5,000円

■ 日時 5月15日(水)

■ 定員80名

■ 参加費 5,000円 

  お二人での参加、日報ステーション会員 お一人様 4,000円
  【事前お振込みです。お申し込み後お振込先を連絡いたします。
】  

セミナー終了後 講師を交えての懇親会を行います。          懇親会参加費 5000円
(参加希望の方は、セミナー参加費と合わせてお支払いください。)

 ■ 場所 新山口ターミナルホテル 住所 山口市小郡下郷1292


 

セミナーお申込み・お問い合わせ

 

申込みボタン.jpg

メール  seminar@nippo.st.com

メールでのお申し込みの際には、
お名前、
会社名、住所、電話番号                                                                                                                                                                                                            
                     

                                 kawamoto.pngのサムネイル画像                                                        

司会 川本 佳奈さん
                         

                                            

 

FAXでのお申込み 083-976-4125

こちらの用紙
にご記入の上をお送りください。


お問い合わせは

株式会社 日報ステーション 担当 嵯峨

電話番号 083-976-4124

21andou.png

第21回限界突破セミナーで、安藤恵哉先生に、 会計は武器である!日報と会計実学で可能となる 「可処分所得倍増計画」を講演して頂きました。

会終了後のアンケートで、

【会計が苦手だったが会計に興味が沸いた!】

【難しい内容という概念を持っていましたが、とてもわかりやすい内容でした!】

【実際に取り入れて実行していきます!】

【悩みを解決する糸口を見つける事ができました!】

という喜びの声を書ききれないくらい、沢山いただきました! また、その中で、 もっと深く聞きたい、もっと悩みが広まった。 という声も聞こえてきました。

その声にお応えするべく、 今回、安藤氏に依頼し、特別企画を組んで頂きました! 安藤氏には、4月20日(土)、4月21日(日)、 の二日間も日程を押えてもらっております。

SKMBT_C20312040719270_0001.jpg

 

 

 

 

4月20日(土) 第1日目は会計実学の【基礎編】です。

「会計実学基礎編 会社を赤字にしておカネを貯める方法」

序 講:簿記を学んでも決算書は使えるようにならない!     

【財務会計と会計実学】

第2講:売上計上時期の法的根拠     

【期間収益計算】

第3講:費用の計上時期の考え方     

【費用収益共感の原則・減価償却のウソ】

第4講:費用の本質     

【費用となるもの、ならないもの・フェラーリを経費にする方法】

第5講:中小企業における無借金経営の真意     

【無"金融機関"借金経営・節税の真贋】

<受講により得られるメリット>  

・税務調査が怖くなくなる

 

・税務調査が減る

 

・わが社の正確な状況を把握する基礎固めができる

 

・一般的な節税の無意味さが理解できる

 

・経営を安定させる方法が理解できる

 

・お金を貯める方法の基礎が理解できる

 

 

 

 

 

4月21日(日)

第2日目は会計実学の【応用編】です。

SKMBT_C20312040719270_0002.jpg

「会計実学応用編 企業を継続発展させるための会計の使い方講座」

~決算書読解術& 経営計画の考え方から予算管理術まで~

第1講:一般常識は真実なのか?     

【黒字でなければ倒産する?】

第2講:決算書読解術     

【決算書から必要なデータを読み取る方法】

第3講:経営計画の考え方     

【中長期経営計画・短期経営計画・予算管理】

第4講:予算管理の具体的手法と経営分析     

【ワーク・日報とのリンク】

<受講により得られるメリット>

・正しい経営の考え方が身につく

 

・日報と経営計画・経営分析との関係性が理解できる

 

・正しい経営分析の手法が理解できる

 

・わが社の正確な状況を把握する具体策が理解できる

 

・利益の出し方・経営を安定させる方法の具体的方法が身につく

 

・お金を貯める具体的方法が理解できる

 

 

 

 

 

 

 

 

 講師プロフィール
安藤 惠哉 事業継続コンサルタント。税理士。

継続発展のための実践会計学【会計実学】を駆使したコンサルティングでは、毎年1,500万円の赤字を計上してきた企業をたった1年で優良企業化。
また脱サラで起業したばかりの会社では3年で2000万円の蓄財を実現し、企業の存亡に関わる場面では経営者ですら気づかなかった撤退のタイミングを正確に図ることで倒産の危機を免れた企業も複数。
バブル経済の盛衰を経験し「なぜあの企業は生き残れたのか」を徹底研究した結果「学べない会計学」の存在に気づく。その集大成【会計実学】を用いたコンサルティングでは倒産企業ゼロを誇る。

著作には「世界一わかりやすい会計の本」(イースト・プレス刊)他がある

会計を武器として戦う企業を増やすことで、日本から倒産をなくすことを使命とする。

 

 

■in山口 会計実学特別企画【番外編】
  
 【日時】 4月20日(土)10:00~19:00 定員:20名(お昼お弁当付)
 【日時】 4月21日(日)10:00~19:00 定員:10名(お昼お弁当付)
 【会場】 ㈱日報ステーション(山口市小郡維新町1-2
 【料金】 お一人様 30000円(4月20日) 
 【料金】 お一人様 30000円(4月21日・2日間の御参加の場合)
       お一人様 50000円(4月21日のみの御参加の場合) 
  【連絡先】電話番号:083-976-4124
       FAX番号:083-976-4125


 

セミナーお申込み・お問い合わせ

 

 

申込みボタン.jpg

メール  seminar@nippo-st.com

メールでのお申し込みの際には、
お名前、
会社名、住所、電話番号をご記入の上お送り下さい。                                                                                                                                                                                                            
                     

                                                                                         


                         

                                            

 

FAXでのお申込み 083-976-4125

こちらの用紙

にご記入の上をお送りください。

 

 

お問い合わせは

株式会社 日報ステーション 担当 嵯峨                               

電話番号 083-976-4124

このアーカイブについて

このページには、2013年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年1月です。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • images