2016年1月アーカイブ

【毎回定員オーバーとなっていた大人気「売上日報セミナー(少人数バージョン)」がご要望にお応えして3月16日(水)開催決定!!】

今までの内容に、最新の山口での成功事例を追加したアップデート版!!
(参加者の中には、1時間以上質問して帰られた方が数名...。そんな白熱のセミナーです。)


「売上日報」の書き方を学んであなたの会社・店舗を大きくしませんか?


 

●日本一になりたい!

●年収1,000万円以上稼ぎたい!

●店はアルバイトにまかせて海外旅行に行きたい!

●世の中を変えるようなヒット商品を生み出したい!

●もっと早く2店舗目を出したい!

 

会社はそれなりに順調。利益も出ている。でも、もっと成果を出したい。もっとスピードアップして成長したい。会社を大きくして2店舗目や支店だって出したい。そんなあなたの願い叶います。

弊社「日報セミナー」では、山口での成功事例を豊富に紹介しておりますので、すぐに実行できるものばかり。東京や大阪など大都市での成功事例ではありません。あなたのお店やあなたの会社の近所のお店も、実は「売上日報」で成果を出しているのです。では、ここから成功事例のほんの一部をご紹介します。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★雑貨屋さん

店長1人で寂れた商店街で営む雑貨屋さんが4か月で月商89万円から161万円に!月商1.8倍。それから1年で月商228万円!14カ月で2.5倍。その後、特定ブランドのサングラスで売上日本1位に!

 

★生花販売店

両親と妹と店長の4人で営む生花販売店が1年半で月商96万から平均月商288万円に!売上3倍!その後、ハンギングバスケット販売数、売上共に日本1位に! ※生花販売は季節変動が大きい為に平均売上にしています。

 

★甘味処

20代前半のフリーターが友達とアルバイト2人で始めたFCの甘味処が開業2カ月で月商479万円!FC60店舗中、売上日本一に!

 

★化粧品販売

主婦が自分の為に作った手作り化粧品が、1年で月商26万円から月商223万円に!主婦を続けながら売上8.5倍。

 

★不動産ベンチャー

社長1人から始めた不動産ベンチャーで開業2年目に5,400万円だった売上が3年目で売上2.8億円とわずか1年で5.1倍に!

 

★アパレルショップ

洋服屋さんが前年購入率29%を購入率45%にすることによりわずか3か月で前年対比売上1.9倍、月商262万円が月商504万円に!

 

★動物病院

わずか人口9,000人の町の動物病院の売上が、1年半で月商245万円から月商421万円に!売上1.7倍!

 

★看板屋

お父さんと二人で営む看板屋さんがわずか2年で月商100万円から月商250万円!売上2.5倍に!

 

★士業事務所

先生1人、事務員1人の士業事務所、開業3か月目で月商35万円が、たった1年で9.1倍の月商320万円に!先生1名、事務員4名(正社員2名、パート2名)、営業1名に!

 

※すべて日報を書き始めて2年以内の実績。現在はまだまだ伸びています。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

もし、あなたがこの「売上日報セミナー」を受講すれば、あなたが「何をやるべきか」に気付けます。NHKでも特集され、ビジネス誌でも紹介される必ず成果の出るノウハウを手に入れてみませんか?山口で成果を出したいなら、決してこのセミナーに乗り遅れてはなりません。

 

 このセミナーで学んだ内容を実践すれば、あなたの夢が叶います。欲しいものややりたいことも、なんだって思うがまま。あなたのビジネスの「仕組み化」だってできるので、お店をアルバイトに任せて海外旅行にだって行くことができます。それもこれもすべては「売上日報」から始まるのです。

 

さぁ!いますぐあなたもセミナーに申し込んで、成果を出す秘訣を学びましょう!


 

====================

 必要なのは、紙と鉛筆とあなたの本気だけです!

 ====================

 

【セミナー内容】

・販売数日本一や、ダントツの成果を上げた売上日報を4種類紹介!

・売上日報で業務改善のアイディアをたくさん出す方法

・売上日報でアイディアをどんどん実践して成果を出す方法

・実践力を引き出すフロー(流れ)

・自分のタイプを知って成果を出す。(理性タイプ、感性タイプ)

・売上日報を継続できる5つの秘訣

 

 

【経営者のための売上日報セミナー】12596502_551459135005242_495000199_n.jpg

■日時

2016年316(水)

小郡会場:㈱日報ステーション 本店

 

【夜の部】20:0022:00

参加費:5,000

定員:10名まで

 

【※注意※】

このセミナーは少人数で講師に質問もしやすく大変、満足度の高いセミナーです。そのため申込みが殺到するおそれがありますので、ご希望の方は是非、お早めにお申込みください。 

※参加者の中には、1時間以上質問して帰られた方が数名...。そんな白熱のセミナーです。2回目(笑)











【講師プロフィール】
◆中司 祉岐(なかづか よしき) 株式会社 日報ステーション 代表取締役

株式会社日報ステーション代表取締役。経営日報の赤ペン指導で売り上げを倍増させる日報コンサルタント。高校卒業後、零細飲食店に入社。集客を担当し来店数10倍、客単価2倍を実現。その後、勤務した大手アパレルチェーンでは、販売員として全国トップテンに入る業績をあげる。その営業・販売の実績を買われ、零細企業の創業、事業立て直し支援事業に従事。そこで中小零細企業こそ少しの工夫で成果が出せると気づき、零細企業専門コンサルタントとして独立、株式会社ビジフォーム(現株式会社日報ステーション)を設立。著書に『A4 1枚で「いま、やるべきこと」に気づくなかづか日報』(経済界)がある。(アマゾン総合ランキング1位獲得)


 

セミナーお申込み・お問い合わせ

 

申込みボタン.jpg

メール  seminar@nippo-st.com

メールでのお申し込みの際には、
お名前、会社名、住所、電話番号をご記入をお願い致します。


お問い合わせは

株式会社日報ステーション 担当 木村                              

電話番号 083-976-4124


2月17日(水)in山口
『地方の儲かる仕組み』で限界突破‼


今回お招きする講師は、倒産寸前から「儲かる仕組み」を作って和歌山なのにみかんの月間最大売上8000万円!社員も17人になり、売上も6億を超え、そして生産性は1人1000万円超えた。株式会社とち亀物産 代表取締役社長 上野真歳氏です。

とち亀物産「楽天ページ」」紀伊国屋文左衛門本舗→ http://www.rakuten.co.jp/bunza/


今では、プライベートビエラのCMの和歌山県バージョンや有田とマツコと男と女(TBS系)、満天☆青空レストラン(日テレ系)に有田みかんの伝道師『みかん社長』として出演し、有名ですが...。→ http://panasonic.jp/privateviera/show/pc/#/30


経営者としてのスタートは、売上が先細る「食品の卸販売」会社の2代目でした。
...


そこで、講師は先代から受け継いだ「食品の卸販売」に見切りをつけ、ゼロからみかんの小売り事業を始めました。
販促活動から、販売、出荷までの作業を最初は自分自身で行い、月商が増えるにつれ人員を増強。
人員増強をしたら必要になるのが、マニュアル化や効率化。生産性を上げるための仕組みをどんどん考案し、実践。
それにより、一人当たりの生産性1000万円越えを実現

そんな講師だからこそ話せる、圧倒的な売上を出す為の販売促進の方法
そして利益を出す為の、仕事の仕組み化


小売業の方だけでなく、サービス業や営業系の方にも応用できる内容になっています。



第37回限界突破セミナー このままでは倒産するかと思いました『地方の儲かる仕組み』で限界突破セミナー 開催日程seminar37.jpg

■名刺交換の場 18:3019:00 【セミナー開始30前は名刺交換の場となっております!】

■1部  19:0020:20  講師 上野 真歳

魚がいる場所に釣り糸をたらせ!

■休憩  20:2020:30  10分間休憩

2部  20:3021:20  特別対談〈中司祉岐×上野真歳氏〉

日報ステーション代表 中司祉岐が上野真歳氏に迫ります。

■懇親会 21:3023:30 参加費5,000

■日時  2016年2月17(水)

■定員  80

■参加費 5,000

お二人での参加、または、日報ステーション会員様 お一人様 4,000

【事前お振込みです。お申し込み後お振込先を連絡いたします。】  

セミナー終了後 講師を交えての懇親会を行います。

懇親会参加費 5,000円(参加希望の方は、セミナー参加費と合わせてお支払いください。)

■開催場所 カリエンテ山口

山口市湯田温泉5丁目1-1









■講師プロフィール■

上野真歳(うえのまさとし)
1970年 和歌山県有田郡湯浅町生まれ。明治から続く会社とち亀四代目。地元和歌山をこよなく愛す有田みかんの伝道師、インターネットでみかんを日本一売る男。トレードマークは「オレンジスーツ」で、各メディアからは、平成の紀伊国屋文左衛門と取り上げられる事が多い。先代から受け継いだ「地方食品卸」の将来に不安を感じ、小売販売を開始。ネットショップを皮切りに日本全国への販路拡大に成功。一冬にみかんを5万箱 (トラック250台分)を販売する。みかんをはじめ、地元特産品を売りまくる。

 


 

セミナーお申込み・お問い合わせ

 

申込みボタン.jpg

メール  seminar@nippo-st.com

メールでのお申し込みの際には、
お名前、
会社名、住所、電話番号、懇親会の有無を記載の上、お申込みください。  

                                                                                                                                                                                                          
                     

 

お問い合わせは

株式会社日報ステーション 担当 木村                               

電話番号 083-976-4124