会社概要

企業概要

会社名
株式会社日報ステーション
代表取締役
中司 祉岐
住所 
〒754-0029  山口県山口市小郡維新町1-2 【 GoogleMap 】
電話/FAX
電話:083-976-4124 FAX:083-976-4125
メール
infoアットnippo-st.com ※アットを@に直してください。
事業内容
・中小企業の経営支援
  
・新規プロジェクトアシスト
  
・人材育成、管理
  
・セミナー講師
  
・企業内研修
設立
2008年4月 ビジフォーム創業
  
2011年3月3日 株式会社ビジフォーム 設立

代表プロフィール

経営日報の赤ペン指導で売上を倍増させる地方零細専門経営コンサルタント

中司 祉岐(ナカヅカ ヨシキ)

株式会社日報ステーション代表取締役
山口商工会議所エキスパート
山口県商工連合会エキスパート
財団法人やまぐち産業振興財団専門家
依頼はこちら

山口県出身。高校卒業後、零細飲食店に入社。集客を担当し来店数10倍、客単価2倍を実現。 その後、勤務した大手アパレルチェーンでは、販売員として全国トップテンに入る業績を上げる。 その営業・販売の実績を買われ、零細企業の創業、事業立て直し支援事業に従事。そこで零細企業こそ少しの工夫で成果が出せると気づき、零細企業専門コンサルタントとして独立。

多数の経営者を経営日報の赤ペン指導で売上を倍増させ、クライアントからは、FC、特定ブランドで売上げ日本一も輩出している。 赤ペン指導は「わかりやすい」「実践につながる」と定評があり、目に見える実績を生むことからクチコミでクライアントを増やし続けている。

  

日報コンサルタント紹介<山口エリア>

日報ステーション山口(本部)

伊藤 博紀(いとう ひろのり)

依頼はこちら

集客から求人まで人を集められる日報コンサルタント

山口市出身。福岡大学経済学部卒。

大手広告代理店で130人中トップとなる売上成績を叩き出し、山口営業所所長として手腕を発揮する。その後、リーマン・ショックを際に、上司が山口市で創業したフリーペーパーを発行する会社の立ち上げに参画。営業功績が認められ統括マネージャーに就任し、戦略・商品開発・新人教育に携わり、社員16名の組織となる。しかし、求人・採用だけでは救えない中小・零細企業の窮状に直面し、もっと企業の役に立ち、地元を盛り上げたいとの想いを強くし、さらに、自身の経験から会社を大きくするには仕組み化・組織化が不可欠と痛感。そんな折、企業に寄り添い成果を出し続ける「日報コンサルティング」に出会い、あらゆる面から企業を救えると確信し、人生を賭ける決意で日報コンサルタントへの転職を果たす。

日報コンサルタント紹介<下関エリア>

日報ステーション下関支店長

金子 拓司(かねこ たくじ)

依頼はこちら

財務×日報で自律的に動き出す現場を創り出す。

山口県萩市出身。慶應義塾大学大学院修了。

「自身も、1日15社への飛込営業からスタートして、九州・山口をはじめ、関東、関西、北陸、東海など、顧問先は全国に累計90社弱。不動産、保険、自動車、農業・産業・家庭用資材等の営業会社からコンビニ、学習塾、保育園、理美容室、写真館等を担当する。数多くの現場の日報と面談を通じた現場想像力をもとに、それぞれの営業マン、それぞれの現場に応じた利益につながる行動を、そして自律的に動き出す現場を創造していく。

日報ステーション下関支店

近藤 将人(こんどう まさと)

依頼はこちら

熱血教師×営業マンの経験を活かし経営者に勇気と励ましを送る日報コンサルタント

山口市出身。大学卒業後、中学校の社会科教諭として17年勤務。下関市立玄洋中学校では野球部を3年連続県大会出場に導く。その後民間企業に転職。営業力を身につけるべく生損保営業を始める。顧客本位の保険見直しが支持され、相談家として独立。家計の見直しや資産形成の提案を強化。その後日報コンサルタントと出会い、売上改善ができる画期的なメソッドに感動。日報コンサルタントの道を志す。教員時代に培った教育者魂と、営業マン時代の苦闘を糧とし、経営者の限界突破を熱く応援する。コロナ禍でも売上前年同月比120%を達成した飲食店、経常利益1000万改善し黒字化・V字回復を果たしたサービス業など、実績多数。

日報コンサルタント紹介<福岡エリア>

日報ステーション福岡支店

林 晋輔(はやし しんすけ)

依頼はこちら

経営戦略をロジカルとパッションで実行する日報コンサルタント

福岡出身。大学時代を関西で過ごしたのち大手金融機関に就職。営業企画を中心に本部企画業務にて6年経験を積んだ後、製薬業界へ転職。企画業務で培った理論的戦略を営業現場に反映させ営業現場・マネージャーとして力を発揮。その後、地元九州にて中堅小売業者にてマーケティング、経営企画、営業企画と幅広い分野の部門長として営業改革・販促改革・組織改革に多くのコンサルティングと協業していく中で「地方で必要なコンサルティング」「大手ではない会社に必要なコンサルティング」に気づき日報ステーションにてコンサルタントとして従事。

日報コンサルタント紹介<東京エリア>

日報ステーション東京品川支店

石渡 健吾(いしわた けんご)

依頼はこちら

会社の強みを具体化する、新進気鋭の日報コンサルタント

東京都世田谷区出身。法政大学卒業後、株式会社バンプレストに入社。商品企画を経験した後、小売に特化した販促支援会社に転職。3坪から2,000坪までの小売店において、日用品・生鮮食品・加工食品・飲料をはじめ、年間1,000案件以上、大小延べ150社以上の販促企画の運営をサポート。営業面では東証一部上場企業2社からの年間受注額を2年で5倍に増やす。営業ツール各種と見積体系の刷新、それに伴う値上げ交渉も経験。運営だけでなく、真に顧客の売上増加に貢献したいと思うようになり、実家が零細企業経営者、友人・知人にも零細企業経営者が多かった事もあり、零細企業支援を得意とする日報ステーションに入社。経営者の良き伴走者となるべく奮闘中。

日報ステーション東京品川支店

荒木 大治郎(あらき だいじろう)

依頼はこちら

営業販促と、チーム作りが強みの日報コンサルタント

大阪府出身。大学時代を京都で過ごし、和の文化を愛好。全国展開の着物屋に就職。初年度の個人売り上げは約1000万円と苦戦。失意のもとトップ販売員に師事し、お客様に寄り添った販売手法を伝授してもらい、個人売上3000万円を超える。他者の意見を聞き入れる素直さ、できる人に教えを乞う謙虚さ、事例を横展開することの大切さを知る。その後、営業功績が認められ、入社4年目で新店舗の店長に抜擢され、採用からマニュアル作りまで幅広く行う。初心者ばかりの店舗を1年で年間1億円以上売る店にする。接客における関係構築法と、販売手法の日々の改善力を武器に日報コンサルタントに転職。

日報ステーション広島・東京支社

岩本 珠美(いわもと たまみ)

依頼はこちら

経営理論と直感的視点で日々現場を変革していく実践型コンサルタント

広島県府中町出身。韓国ソウル大学社会科学部。県立広島大学大学院。MBA取得。

高校卒業後、韓国に留学。渡航中の野村総合研究所でのアシスタント経験からコンサルタントに興味を持ち、当時のインターネットショッピングの普及に一翼を担うため楽天株式会社に入社。ECコンサルタントとして8年間のべ500社、九州や中国地方の出店店舗様をジャンル問わず担当。月商97万から月商3400万に成長した子供服店、月商322万から月商6320万となった飲食小売店、イベント売上1億円を超えた花屋、契約から3年で年商1億規模へと伸びた海外輸入雑貨店など、事例多数。持ち前の明るさと海外経験から培った観察力を活かし、日報コンサルタントとして従事している。

パートナーコンサルタント紹介

日報ステーション名古屋

麻井 克幸(あさい かつゆき)

エールコンサルティング代表

営業強化・人材育成を得意とする零細・中小企業専門の経営コンサルタント。

専門学校卒業後、営業会社に入社。1日500件のテレアポ営業で約300人中トップ成績を残す。 その後、上司の独立で引抜かれ上京するが、押売り営業と大量のクレームに嫌気が差し退社。 名古屋に戻り、ITベンチャー企業の立上げに参画。7人だった組織は4年で250人以上になり、売上は18億円に。また、2009年から2年連続で「ベストベンチャー100」にも選出される。主に、営業マン育成、支店展開、クレーム処理、社員教育などを専務取締役として行うが、会社員10年目を節目に退社。 その後、一生かけて情熱を注ぎ続けれる仕事を見つける為に、世界一周22カ国を放浪し自分を見つめ直す。 日本に戻り、人口たった19万人の山口市でFC、特定ブランドで売上げ日本一を何社も輩出し、アマゾン総合ランキング1位『A4 1枚で「今やるべきことに気づく」なかづか日報』著者の中司祉岐氏のもとで日報を使った業績アップのノウハウを学び、2012年8月に零細企業専門の名古屋初の日報コンサルタントとして独立。

日報ステーション大阪

髙津 満夫(こうづ みつお)

合同会社髙津満夫事務所代表

日報・研修で大阪ヲ元気にしているコーチ・経営コンサルタント。

大阪芸術大学卒。リクルートグループにて13年間、採用・組織人事コンサルティングを経験。その後ベンチャーにて5年で売上200億→300億円「業界日本一」の売上規模への急成長を人事・総務、法務、秘書、社長室長、HLD役員として体験。現在は10年以上、講師やコンサルタントとして、飲食店・水商売~上場企業まで幅広いクライアントを担当し、取引先も多岐に渡る。これまでの経験と講習内容が他と異なりユニークで分かりやすいと評されている。 また広い人脈・ネットワークの構築経験を活用して2017年からは、もっと関西・大阪を元気にする「日報コンサルタント」として中小零細企業(店舗)の売上創出・集客支援の他、「コミュニケーション」「モチベーション」をテーマに研修・講習で講師、コーチ、ファシリテーターとしても活躍中。 国家資格キャリアコンサルタント、堺屋経済塾 監事

企画部

日報ステーション山口(本部)

山田 直登(やまだ なおと)

山口大学卒業後、新卒で日報ステーションに入社。コンサルタントのサポート業務をメインに行なっております。日報ステーションオリジナルの、日報ファイルの開発、PDCA日報定期便サービス開始、ニューズレター編集長、メールマガジン発行、セミナー運営など企画部として、バックオフィスの仕事を経験。現在は、webマーケティングや新コンテンツの開発を担当しています。ゆくゆくはコンサルタントとしての活躍を目論んでいます!

受付・総務のご紹介

日報ステーション山口(本部)

木村・山野

日報ステーションの「縁の下の力持ち」

私たちが心掛けていることは、『業務を円滑に回すための“潤滑油”として何ができるか?』という点です。『仕事を任された時は笑顔を忘れない』『できる雑務を探して率先して行動する』など働きやすい環境づくりを目指していきたいと思っております。電話・メール対応を担っております。明るく丁寧にご対応させていだだきたいと思いますので、お気軽にお問い合わせください。

企業理念

全ての人が夢を実現できる社会を

日本経済は、未だ不透明な渦中にあり生き残るために多くの企業は今、ドラスティックな変革を迫られています。そして、その変革を強力に推進していくための「力」が求められています。「力」とは、その会社で働く販売員、営業員、技術者、ひとりひとりの想い、理想、願いの強さに比例していると、私たちは考えています。

日報ステーションは、仕事で夢(ビジョン)を持つこと、それを実現させることの素晴らしさを一人でも多くの方に体験していただき、結果を出すことで喜びに満ち溢れる会社作りのお手伝いをさせて頂きます。

 

    
このページのトップへ
株式会社日報ステーション コピーライト